プロフィール

あびくら

Author:あびくら
ゆっくり見ていってくださいな(^O^)/

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ

お知らせ
当ブログの文章および画像の著作権は管理人にあります。 トラブル防止のため、無断転載、無断使用はお断りします。必要な場合は、コメントから申し出ください。返信コメントにて使用の可否をお伝えします。

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.12.24    カテゴリ:  植物 

   セファロタス観察日記

もうね・・・、雪降りすぎですよ・・・・

仕事行く前に雪かきして、帰ってきたら家のドアが雪で埋まってるってどういうこと!?

まぁ、正面からの風向きと吹きだまりになりやすいアパートなので仕方ないですし、埋まっていると言っても10cm位の話なので大したことはないですけど(^^;)

ちなみに玄関は少し高くなっているので、積雪自体は70cmくらいでした。

そして、せっせとまた雪かき。

もう勘弁してほすぃ。

周りでもクリスマスどころではない疲労感に襲われている方が多いようです(笑)


さてさて、この前早速枯れたセファロタスの経過です~

20161224abc.jpg
12/14

20161224ab.jpg
12/18

20161224a.jpg
12/24

あんまり変わりませんが、真ん中に写っている葉を見ると扁平になってきたのが分かると思います。
セファロタスはピッチャーとシャモジのような葉の2種類の葉を持っているのですが、真ん中の葉はシャモジになるようです。
今のところは順調です(^^)

オマケ
20161220ab.jpg
12/20
20161224abcd.jpg
12/24

先日のモウセンゴケが開きました~

こちらも良い感じ(^^)
楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.12.20    カテゴリ:  植物 

   棚ボタならぬ、ミズゴケからモウセンゴケ

今年の夏に育てていたモウセンゴケ。

色を赤くしたくて日光に当てたところ、乾かしてしまい失敗したのですが、リベンジしたいなぁと思っていました。

ちなみにモウセンゴケは↓こんなヤツです。食虫植物なんですよ(^^)

2016711a.jpg
モウセンゴケ

普通は湿地に生えますが、環境条件が合うと山にも生えています。


まぁ、3週間前くらいでしょうか。

ど~しても欲しくてまず湿地に行ってきたのですが、前にゲットした湿地は雪に覆われNG。

広い北海道なので、雪の少ない地域の湿地へ行くと案の定雪もなく、探索できました。

ただ、探せど探せどモウセンゴケはありません。そもそもないのか、枯れて冬越ししているのか分からなかったのですが、結局モウセンゴケは見つかりませんでした。




しかし、せっかく来たんだから何か欲しいです。とりあえず、見たことがないミズゴケがあったので(冬期は茶色くなります)、復活させようと持ってきたのでした。


ミズゴケの観察っていうのはなかなか面白いもので、毎日見ていたのですが、今日あることに気がつきました!

20161220a.jpg

真ん中にあるちっちゃいヤツ!モウセンゴケです!!


どうやら、モウセンゴケは冬、地表部が枯れて冬越しするようですね。私は採取したミズゴケを必ずクリーニングするのですが、モウセンゴケの根が絡まっていたようで、水に流されずすんだようです(^^)

20161220ab.jpg
前から育てている生きの良いミズゴケに植え直しました。

思わぬ収穫に今日一日ニヤニヤしています(笑)
楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.12.14    カテゴリ:   

   ジュエルオーキッド ハイブリッド

20161214a.jpg
アネクトキルス フォルモサヌス ポリプロイド(キバナシュスラン 四倍体)
Anoectochilus formosanus Polyploid

20161214abd.jpg
ドッシニア マルモラータ ダイィ
Dossinia marmorata var dayii

20161214ab.jpg
ドッシノキルス タートルバック
Dossinochilus Turtle Back(Dossinia marmorata var. dayii X Anoectochilus formosanus)

アネクトキルス フォルモサヌスをゲットしました。

さっそく、元々あったマルモラータとハイブリッド株のタートルバックを比べてみました。

まず葉脈を見てみると、色はフォルモサヌスからの遺伝のようです。脈の入り方は中間な感じですね。

葉っぱの色もフォルモサヌスよりですが、茎の色はマルモラータからの遺伝のようです。フォルモサヌスの茎は写真では分かりづらいですが、美しい紅色です。


クワガタではハイブリッドはタブーですが園芸では広く普及しています。といっても春蘭や寒蘭では同種間以外の交配はタブー視されているので、分野によっても違いがありますね。

ただ、このようにハッキリと何と何を混ぜていると情報があれば、これはこれで面白いなと思います。

とはいえ私もオオクワは純血が良いなとは思いますが(^_^;)

写真では分かりづらいですが、ハイブリッドの方が原種2種よりラメが強く入るので、キラキラが本当に美しいです。
ただ、ラメ以外は葉脈の色といい、脈の入り方といい原種の方が魅力がある気がします。

楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.12.12    カテゴリ:  植物 

   ビカクシダ

私がこの植物を初めて知ったのは、ランの本を読みあさっていたときです。

別名コウモリランと言うのですが、実はランの仲間ではなくシダの仲間です。確かその本にも蘭ではないけど、ランという紹介だったと思います。

それからしばらくして一部のマニアックな園芸店で見かけるようになったのですが、結構良い値段します。

正直、こんなののどこが良いんだ?と思いましたが、だんだん変な植物の魅力にとりつかれ欲しいなぁ、高いなぁと指をくわえておりました。

そしてこの間、ペットショップのテラリウムコーナーを見ていると、ビカクシダの札が!!

全然ビカクシダらしくない、まだ幼苗のちっちゃいビカクシダが売っていました(^^)

20161212abc.jpg

380円ととってもお安い!(育ったものは4000~5000円くらいします)

ついつい買ってしまいました。


ショップでは腰水にしていましたが、そんな育て方したら上手くいかないのは目に見えているので、とっとと植え替えちゃいます。

というかすでにチョット痛んでいます(^_^;)


もともと木の幹に着生する植物ですからね、板やコルク板にくっつけて壁からぶら下げて、鑑賞するのが王道なのです。

20161212ab.jpg

私がテラリウムをしていたときのお古で、良い感じのポケットのある流木がありました。


20161212a.jpg
完成!!

あとはぶら下げるだけなのですが、また今度紹介したいと思います。

それにしても、ちゃんと照明つけて撮る写真と、片手間に撮る写真ってえらく違いますね(^_^;)

些細な写真もちゃんと撮ろうと思いました。

楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.12.11    カテゴリ:  未分類 

   ピンチ!

毎年、細々とではありますが繁殖させているシロヘリカナブン。

虫全盛期の沢山飼育していたときは、繁殖用から外すために針葉樹マットで飼育していた個体たちですら、意図せず産卵したにもかかわらず・・・、今年は産まない!!

正確には産んではいるのですが、孵りません・゚・(つД`)・゚・

繭玉が脆かったり、羽化不全したりと今年は蛹化~羽化で失敗が多かったのも気にはなっていましたが、ここまで上手くいかないのは初めてです。

20161211a.jpg

もともと沢山取るつもりもなかったので、お古のマットを使っていましたが、新品のマットを購入し再セットしました。

虫自体やめるつもりでしたが、シロヘリに関しては思い出深いといいますか、憧れと言いますか、特別な存在なので、いざ危機に陥るとポッカリ心に穴が空いたようになってしまいました・・・。

昔からカナブンが大好きで、アオカナブンを見つけたときは、宝物のように大切にしていたのです。

そんなカナブン好きの私が、初めて見た生きた外国産カナブンがシロヘリで、初めて飼育した外国産カナブンもシロヘリだったのです。見たのが小6、飼育したのが中2でしたので子供ながらに衝撃が大きかったんでしょうね。

今年オスにやたらと偏った上に不全や繭崩れ連発で1ペアしか揃いませんでした。このあたりから私はおかしくなっていたのか、中学生の時から見ていた大好きなサイト「てんほうの虫部屋」のシロヘリ日記を夜な夜な読んでいたのです。

未練があるのでしょうね・・・。

こういう雌雄が揃わなかったり羽化しなかったり産まなかったりで、ハラハラするのが嫌になってやめると決意したのですが、結局いなくなると悲しいというか妙な気分になりますね。

もっと珍しくて高価な種類はいくらでも飼育していましたが、シロヘリは特別です。

一般的には普通種過ぎて雑魚扱いなんですけど(^_^;)
またオークションを探すと言っても、純血や純血に近い血統ってなかなか出てこないです(´・_・`)


あっ、あともう一つヤバいのが、

20161211ab.jpg

この間来たばっかりのセファロタスです(ノ_<)

これは昨日の写真。

今日仕事から帰ってみてみると、枯れ方がおかしい・・・。となったんですね。

で抜いてみるとバラバラに腐っておりました(T_T)

まぁ、こうなったら仕方ないので、マシそうな部位を透明竹酢液につけて消毒。

20161211abc.jpg

20161211abcd.jpg

ネペンテス ラジャという繊細なウツボカズラの脇芽の根出し用に使っている超良質水苔に植えました。

持ち直したら奇跡なレベルですが、あきらめずに見守ろうと思います。





楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/


Copyright © AVICULA and THE HOBBIES 2 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。