プロフィール

あびくら

Author:あびくら
ゆっくり見ていってくださいな(^O^)/

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ

お知らせ
当ブログの文章および画像の著作権は管理人にあります。 トラブル防止のため、無断転載、無断使用はお断りします。必要な場合は、コメントから申し出ください。返信コメントにて使用の可否をお伝えします。
カテゴリー 《 未分類 》   全15ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2017.01.14    カテゴリ:  未分類 

   夏の思い出

20170114G.jpg
フトアゴヒゲトカゲ スーちゃん

昨年は車窓越しにいろいろ見て回りました。

スーは、本当に良い子だねぇ。今年もドライブしたいものです。

爬虫類は懐かないとか慣れないとか色々言われますが、大型種に関して言えば、飼い方次第な気がしますね。そりゃ、餌やる時とメンテナンスの時だけ触って、ずっとゲージじゃ犬でも人見知りになりそうなものです。

要するに生き物を一括りに見るもんじゃない。もっと言えば、自分の経験と知識の範囲しか試していないのに決めつけるもんじゃないってことです。と爬虫類のサイトやら本を見て思う今日この頃です。
いや、あまりにもトカゲはトカゲ。所詮トカゲ。ケージに入れて眺めるモノ(ペットではなく、鑑賞物)という記述が目立つので(^_^;)

でも、まぁ外に出すときはちゃんと注意するべきですね。嫌がる人もいるわけですし、逃げたら大変ですから。
紫外線のライトじゃ実際の太陽光の足下にも及ばないので、たまにはこういう時間を作ってやるのも良いのかな。


話は変わって、HNについて調べてみると、あびくらって名字があるみたいですねw(゚o゚)w
ちなみに実際の私はあびくらとは全く字がかぶらない名前の人間です。
あびくらの由来は、タランチュラのAviculariaからとりました。

でも、名字ってことは、別にあのHNでもおかしくないと言うことです(笑)あびくら ○○ってね。
なので、あびくらでも○○でも、どっちでも良いってことですね。
スポンサーサイト

楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2017.01.01    カテゴリ:  未分類 

   2017年

2017101a.jpg

2017年ですか・・・。

年々一年経つのが早く感じます。

昨年は怪我や大きな病気もなく、平穏な一年を送ることができました。私としては劇的な変化の年で、お仕事も変われば自分の趣味にも変化がありました。

だいぶ時間と心に余裕ができたということもあり、ブログも私としてはちゃんと更新できていたかと思います。
2015年が24回の更新、2016年は57回の更新ですね。このブログを立ち上げたのは2012年、私がまだ学生だったときです。

学生時代は、研究者を目指していただけあって、なにやら解説や評論的な内容がチラホラ(^_^;)まぁ、今も大して変わってはいませんが、長文の文章能力は圧倒的に下がった気がしますね。
昔は下手くそな文章ながら、どうしたら読みやすくなるかとか一生懸命考えていました。
今は・・・・、思いついたことツラツラ書いてるだけ(笑)
だから、文の構成も後からこう表現した方が分かりやすいかな、とかいろいろ出てきます。
でも、ブログなんてこれでいいのかなと。
というか、こういう変化も含めてブログの楽しみ、元をたどれば日記の楽しみなんじゃないかなと思います。
実際に、自分でいい意味で変化したなと思うこともありますし(恥ずかしいので、内緒にしときます 笑)

何度か紹介したことがありますが、私が読んでいて圧倒的に楽しかったブログがあります。正確にはブログが普及する前の、HP内の日記なのですが、てんほうの虫部屋というサイト内にある「クワガタ風日記」というコンテンツです。
この風日記の文章が面白くて面白くて・・・。笑えるというより引き込まれる文章なのですが、私もそういう文章が書けるようになりたいと何度か当ブログでチャレンジしておりますが、全然ダメ。私はあんなに良い意味でくだけた文章はかけません。
でもいつかは・・・、何年経っても一から読んでみたくなるそんなブログを書けるようになりたいなと思っています!

最近来てくださっている方は知らないと思いますが、私のブログは今まで何度か姿を変えています。
最初のブログは、「PET ROOM KAZU」、次が「あびくらと趣味達」、そして「AVICULA and THE HOBBIES 2」へと変化しています。

それなりに長くやっていますので、いろいろな方と知り合えました。残念ながらもうブログをしていない方もいれば、以前のブログの時代から来てくださっている方もいます。
そして、新たにお知り合いになれた方々。
ブログをしていなければ、こんなにいろいろな方と交流することはできなかったことでしょう。FC2様、そして、いつも見に来てくださっている皆様、本当にありがとうございます。

そして、今年もよろしくお願いいたします!

楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.12.11    カテゴリ:  未分類 

   ピンチ!

毎年、細々とではありますが繁殖させているシロヘリカナブン。

虫全盛期の沢山飼育していたときは、繁殖用から外すために針葉樹マットで飼育していた個体たちですら、意図せず産卵したにもかかわらず・・・、今年は産まない!!

正確には産んではいるのですが、孵りません・゚・(つД`)・゚・

繭玉が脆かったり、羽化不全したりと今年は蛹化~羽化で失敗が多かったのも気にはなっていましたが、ここまで上手くいかないのは初めてです。

20161211a.jpg

もともと沢山取るつもりもなかったので、お古のマットを使っていましたが、新品のマットを購入し再セットしました。

虫自体やめるつもりでしたが、シロヘリに関しては思い出深いといいますか、憧れと言いますか、特別な存在なので、いざ危機に陥るとポッカリ心に穴が空いたようになってしまいました・・・。

昔からカナブンが大好きで、アオカナブンを見つけたときは、宝物のように大切にしていたのです。

そんなカナブン好きの私が、初めて見た生きた外国産カナブンがシロヘリで、初めて飼育した外国産カナブンもシロヘリだったのです。見たのが小6、飼育したのが中2でしたので子供ながらに衝撃が大きかったんでしょうね。

今年オスにやたらと偏った上に不全や繭崩れ連発で1ペアしか揃いませんでした。このあたりから私はおかしくなっていたのか、中学生の時から見ていた大好きなサイト「てんほうの虫部屋」のシロヘリ日記を夜な夜な読んでいたのです。

未練があるのでしょうね・・・。

こういう雌雄が揃わなかったり羽化しなかったり産まなかったりで、ハラハラするのが嫌になってやめると決意したのですが、結局いなくなると悲しいというか妙な気分になりますね。

もっと珍しくて高価な種類はいくらでも飼育していましたが、シロヘリは特別です。

一般的には普通種過ぎて雑魚扱いなんですけど(^_^;)
またオークションを探すと言っても、純血や純血に近い血統ってなかなか出てこないです(´・_・`)


あっ、あともう一つヤバいのが、

20161211ab.jpg

この間来たばっかりのセファロタスです(ノ_<)

これは昨日の写真。

今日仕事から帰ってみてみると、枯れ方がおかしい・・・。となったんですね。

で抜いてみるとバラバラに腐っておりました(T_T)

まぁ、こうなったら仕方ないので、マシそうな部位を透明竹酢液につけて消毒。

20161211abc.jpg

20161211abcd.jpg

ネペンテス ラジャという繊細なウツボカズラの脇芽の根出し用に使っている超良質水苔に植えました。

持ち直したら奇跡なレベルですが、あきらめずに見守ろうと思います。





楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.11.26    カテゴリ:  未分類 

   水苔ちゃんがぁぁぁあ

20161125abcde.jpg
焼けちゃった・・・。

20161125abcd.jpg
窓と反対側

20161125abcdefgh.jpg
もっさりしているように見えますが、この水苔は全然ダメ。
間延びしすぎていて、毛足が短いし密度もありません。これを改善したくて日光に当てたのですが強すぎたみたいですね(^_^;)
この種類は大型で、植え込みにちょうど良いので、自家製水苔にしようと目論んでいたのですが、上手くいかないものです・・・。

20161125abcdefg.jpg
こちらは別の種類の小型高密度の水苔です。LEDに当てつつ日光少々で育てています。かなり良い感じの育ち方です。

この水苔は観賞用+ジュエルーキッドとウツボカズラの芽出し用に使用しています。


20161125abc.jpg
仕方ないので、今年網戸の張り替えをした際に余った網で、チョット遮光しました。気休めかな(^_^;)

ただ、一応観賞用で別水槽でも用意しているので、最悪失敗しても絶えることはなさそうです。
楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/

2016.11.06    カテゴリ:  未分類 

   太古の記憶

2016113a.jpg
ベルベットワーム(カギムシ) ニュージーランド産

これ見て「お!」ってなった方は相当なマニアですね。

私が大学生だったときに飼育していたので、5年くらい前のものになります。

生きた化石と言われており、幼虫に見えますが成体です。そもそも昆虫ですらありません。卵生、卵胎生と繁殖パターンがあるのですが、この種類は卵胎生です。

出産も経験済みで、おそらく当時初めて日本でカギムシの幼生写真をブログに載せたのではないかと思います。違っていたらスミマセン(^_^;)

まぁ、凄いことしたように書いていますが、単に私が大量入荷の初期に購入した客で、しかも購入後すぐに出産したというだけ。購入元に伝えたら、「よく見たらウチでも産んでました笑」とのことでした。それぐらいよく増えるのですが、これがかなり難しかった。

最終的に冷蔵庫で管理していた個体が、一番長生きして良い感じの所まで行きましたが、結局全滅です。

確か、25℃以上だと早産してしまい、卵膜に包まれた幼生が生まれ、22℃くらいだと3~4匹出産して1匹死産。18~20℃でまともに生まれた記憶があります。でも、そのまま飼育していても上手くいかず、冷蔵庫で管理して、餌に死んだコオロギの腹を開いて入れていました。でも、そのときの成長ペースだと成体になるのに5年以上かかる感じでしたし、結局死んでしまったので、正解ではなかったのでしょう。

3年前くらいにバルバドス産のベルベットワームが入荷されて、こちらは飼育が可能なようですね。あまり沢山情報はありませんが、繁殖させて販売している方もいるようです。

う~ん、リベンジしたい!!ただ、このバルバドス産ウン万するんですよ。しかも、単体で・・・。当然2匹飼ってもペアかどうかわかりません(^_^;)

ちなみに、ニュージーランド産は2000~3000円くらいだったと思います。しかも、雌指定してましたし。

古き良き思い出で終わってしまいそうです(´・_・`)

楽しい生き物ブログがたくさん!!にほんブログ村 人気ブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
あびくらも参加中です(^O^)/


Copyright © AVICULA and THE HOBBIES 2 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog